終活アドバイザーになるにはどんな資格や種類があるの?

終活

高齢化によって終活がいろいろなところで聞かれることとなりました。

終活って何から始めればいい?

どうすればいいってときにいろいろ調べていくと終活をアドバイスする資格もあることがわかりました。

私自身、この資格にも取っても興味があり実際に取得も考えています。

取得に先駆けて、終活アドバイザーの資格についてわかったこと最終的にどの資格にするのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

終活アドバイザーの資格では何ができる?

終活をアドバイスする資格にはこのような資格名称が存在します。

  • 終活アドバイザー
  • 終活ガイド
  • 終活ライフケアプランナー
  • 終活カウンセラー

名称はいろいろあるのでどの資格が自分に合っているのか考えてしまいますよね。

そこで各資格についてのポイントをまとめてみました。

終活アドバイザーとは?

終活アドバイザーについては終活の専門家集団のN・P・O ら・し・さの資格認定となります。

こちらはNPOら・し・さでの認定資格で終活でよく言われるエンディングノートの記入のアドバイスや終活で困っている人の相談相手になれます。

  • お金(金融資産や不動産)の相談
  • 公的医療や介護保険年金
  • お葬式やお墓の相談
  • 資産や物の整理
  • 成年後見制度
  • 高齢施設
  • 相続

などの終活の勉強ができます。

収穫アドバイザーの資格に合格すると終活アドバイザーの資格が与えられ認定書が授与されます。

終活ガイドとは?

一般社団法人 終活協議会で取得できる資格となります。

終活ガイドには上級(1級)2級・3級とあります。

3段階の資格所得となり資格所得にも費用が異なります。

3級は無料で受けれて終活の知識が身に付きます。

2級からアドバイザーとして活動ができます。

1級(上級)はプロフェショナルとして終活相談などを解決でき検定やセミナー参加無料など一般社団法人 終活協議会の手厚いサポートなどもあります。

終活ガイド取得はこちらから【終活ガイド上級(1級)資格】

終活ライフプランナーとは?

終活のスペシャリストが目指せる資格のキャリカレで取得できます。

資格所得期間は約3か月で終活に伴う”医療・介護・葬儀・お墓・相続”などのライフプランの勉強ができます。

資格所得後「終活ライフケアプランナー資格」として活動でき葬儀業界や保険業界などで終活プランナーやアドバイザーやカウンセラーとしていろいろなところで活躍することが出来ます。

終活カウンセラーとは?

終活カウンセラーとは一般社団法人終活カウンセラー協会で資格所得ができます。

資格も2級終活カウンセラー・1級終活カウンセラー・終活カウンセラー認定講師養成講座があります。

2級 終活カウンセラーは自分の終活ができるくらいの知識や友達や家族に尋ねられた時に対応できる知識となります。

1級 終活カウンセラーは2級終活カウンセラーの取得が必要で他の方に対応できる寄り添える知識となります。

終活カウンセラー協会認定終活講師養成講座は、終活の正しい理解と教える力が身につく講座となります。

1級終活カウンセラーの合格者で協会が開催する勉強会に年間2階受講した人が申込できます。

各終活アドバイザーには協会によって取得方法や資格の所得も変わってきます。

どこの終活アドバイザーの資格には資格の料金や、取得後のサポートでいろいろ変わってきます。

自分がどこまで終活について学びたいかで資格の所得方法も変わってきそうです。

スポンサードリンク



終活資格についてのまとめ

終活アドバイザーになるためには終活の勉強を本でまず勉強することも大切ですが上記のように各協会から終活についての資格所得が出ています。

簡単なものから難しそうなものまであります。

各協会のバックアップもあるので資格所得後の活動についてどこに所属するのかじっくり考えてから取得することを考えたほうがいいですね。

また私も資格所得に取り組もうと考えています。

実査にに取得した状況などもお伝えできればいいと考えています。

終活ガイド3級や2級の取得はこちらから【終活ガイド上級(1級)資格】

ちなみに終活ガイド3級所得は簡単でした。

初めてのエンディングノートの書き方のポイントは?
「エンディングノート」という言葉は聞いたことがある人が多いでしょう。書店に行くと「エンディングノート」や「終活」関係の本が沢山並べられています。また、ネット通販でも検索すると沢山見つけることができます。エンディングノートには、決まった形式はありません。
終活
シェアする
そよかぜをフォローする
スポンサーリンク
やさしい葬儀・終活のトビラ