弔電を安く送る方法は?電報会社の比較でお得に気持ちが届けれる

葬儀

お悔やみ電報(弔電)を送るときに、いつもなら115をかけて電報を送るのが普通に行われていますよね。

私も、弔電を送るときはNTTで電報を送ることがあります。

しかし、この電報を安くすることができないかな?っと思ったことありませんか?

実はお得にする方法は、電報を打つ会社を変えることでお安く弔電を打つことができます。

一番お得に送れるのは、レタックスですがデザインが少ないため、デザインプラスお得感があるのはVERY CARDで電報を打つといいものがお安く弔電を打つことができます。

NTTではいいものが4000円ぐらいかかる電報がVERY CARDなら約2000円くらいでお得に送れちゃいます。

そんな弔電の比較をお送りいたします。

この記事を読むとお安くできる弔電の仕方がわかる

詳しく知りたい方はこの先をどうぞ~


スポンサーリンク

弔電を扱っている会社比較

弔電(お悔やみ電報)打つのはNTTだけだと思っていませんか?

今では、インターネットで弔電や祝電などを送れる会社も出ています。

特に3社に絞り会社の比較をしてみました。

NTT 弔電

電報の台紙の種類  48種類

電報の文例一覧  143件 文字数によってメッセージ料金がかかる

電報の最低価格  電報台紙0円+メッセージ料金(25文字まで660円税抜)

電報の総価格   電報の台紙+メッセージ料金+(その他オプション価格)

台紙の料金とメッセージ料金で標準価格が約3000円から4000円くらいが相場となっています。

毛筆縦書きにするとオプション100円となります。

NTT西日本

VERY CARD

電報の台紙の種類  100種類以上

電報の文例一覧   1000種類以上 文例も一般から故人にあてるあらゆる文例が選べます。

電報最低価格    台紙金額1280円(税抜)(メッセージ料金・送料は込み)

電報の総価格    台紙代金【1,280円(税別)~メッセージも350文字まで含まれます】

電報の配達     14時までのお申し込みで全国即日発送が可能です。(一部地域を除く)

台紙種類も豊富で、価格もお得でメッセージ量も350文字あれば安心して利用できます。

電報、祝電、弔電なら電報サービス【VERY CARD】

レタックス

郵政が行っている電報サービスです。

電報の台紙の種類  6種類

電報の文例の種類  文例のみ27種類 画像入り文例16種類 その他直接文を入力できます。

電報の最低価格   524円

電報の総価格    524円~5,234円で手続きができます。

当日15時30分までに申し込めば当日配達が可能となっていますが、一部地域では13時30分までとなっているところがありますので確認が必要です。

この3社の中で一番安く弔電が送れるのは、レタックスが一番低価格となります

ただし、台紙の種類が少ないですし、最低価格の電報は無地の台紙なので色合いがないです。

選択肢も少ないですが、最低価格だけとレタックスがお得ですね。

レタックス

しかし、いくらお安いからといってもやっぱり、お悔やみの電報ということで選ばれる価格はちょっとだけ高いのを選んでいくのが通常だと思います。

価格的にも、当日葬儀やお通夜に伺えない代わりに弔電を送るはずです。

そんな時にいかに安くといっても約1500円から3000円ぐらいを選んで送る方が気持ち的にもいいと思います。

そうなると、種類デザインで比べていくと、おすすめはいろんな種類から選べるものがいいと思います。



弔電をお安くお得にする方法は?まとめ

弔電をお安くとお得にする方法は、一番安いのはレタックスですが見た目が送った時に相手側にどのような感じになるかが気になります。

やはり、先方の遺族の方を考えて当日うかがえない気持ちを届けるなら、取り急ぎ弔電で気持ちだけを届ける感じになると思います。

私なら、見た目と価格と台紙が豊富のVERY CARDで送ります。

実際サイトのリンクから見てみると、デザインのいい弔電と一緒に線香やブリザードフラワーも一緒に送れるのもあります。

一度確認してみるといいと思います。

弔電とは?意味ややり方がわからない人にわかりやすくしてみた。
突然の訃報を聞いて、どうしてもお通夜や葬儀に伺えない場合に気持ちを伝える方法として、弔電を送ります。 今はインターネットで、簡単に手続きができるのでNTTのサイトに飛べば簡単に手続きできます。 しかし、電話での対応をしなければいけないときに迷わないように簡単に弔電のやり方をまとめてみました。
葬儀
シェアする
そよかぜをフォローする
スポンサーリンク
やさしい葬儀・終活のトビラ